05 ブログ

独立・開業の不安を解決する方法。2016.06.13 update

今回は、開業される方の心理から、モチベーションを維持していくための方法をご紹介いたします。開業される方の悩みや不安というものは、建設的に考える(思考する)事で、解消されるというお話。(D.カーネギー:「道は開ける」より)悩みや不安というのは円の上をぐるぐる回っている事と同じで、いつになっても解決しません。視点を変えて建設的に考えることで、直線的な思考となり、目的に向かって情熱を傾けて進むことができるようになります。

明日、明後日など、先の将来の事を思い悩んだところで、それは現実に起こるかどうかわからない事であり、それについて多くの時間を費やすことに、意味はありません。それよりも今日一日を頑張って過ごすことが、重要です。未来を見据えた目標や計画は立てておくべきですが、それが、実現できるように日々努力するという事であって、その将来を不安に思い悩む必要はありません。

そして、問題に直面したときに真っ先にやるべきことは、最悪の事態を想定するという事。そしてその最悪の事態が起こってしまった時には、それを受け入れる覚悟をすることから始まります。(実際にはその大部分の最悪の事態は起こりません。)

その覚悟ができれば、驚くほど心は落ち着きを取り戻すことができるので、思考力を取り戻します。そして、建設的に考えていくのです。悩んでいても始まりません。思考力を取り戻すことが重要です。

建設的に考えるとは、「意識して考える」という事。

そして、人生そのもの重く受け止めず、今すぐ実行するという実行力を身につける必要があります。そうでなければ、すべてを取り逃がしてしまった後で、「人生は、生きることの中、つまりは毎日毎時間の連続の中にある」という事に気づくでしょう。

「人生の中で想定する多くの恐ろしいことのほとんどは実際には怒らない事を知る。」

商売において、「悩みに対する戦略を知らないものは若死にする。」という言葉の通り、悩みに対する対策を行う事を知っているものが、勝つという事。事実を直視し、悩むことをやめて、受け入れましょう。

問題をある限度以上に考えると、混乱や不安を生じやすいものです、それ以上に調べたり考えたりすることは、有害なものとなるタイミングがあります。それが、決断し実行し絶対に振り向いてはならない時なのです。

  1. 問題点は何か。
  2. 問題の原因は何か。
  3. どれだけの解決策があって、それらはどのようなモノか。
  4. 望ましい解決策はどれか。

 

また、忙しい状態に身を置くこともポイントです。人間は一度に一つの事しか思考できません。そのため、忙しい状況に身を置くことで、別の感情を追い出すことができます。

人生は、短いものです。だからこそ、営業不振に陥るのではないか、そんなことは考えない事です。多忙を求め維持する事こそが、地球上に存在する最も安価な治療薬であり、絶大な効果を有するものなのです。

そして、不可抗力に逆らう事をやめることで、ある種のエネルギーが放出されて、それによりもっと豊かな人生を送ることができるようになります。

考えそして感謝する事。今の状況を目標とするものへのプロセスとしてとらえて、その状況すらも楽しめる人間になる事が重要。厄介な事を数え上げるよりも、恵まれているものを数えてみましょう。

そして、自分らしく振舞う事が、独自性を生みだし、普遍的な要素を作り上げます。人を参考にすることなく、自分らしさを追求していくことが、大切です。

「最も、悲惨な人間は、自分の肉体と精神を捨てて、別の人間や動物になりたいと願う人」

自己信頼によって、他の模倣でない、独自のブランド構築が必要となります。成功と失敗を分けるものは規模などではなく、何になろうと最上のものになれるかどうかです。

私自身も、この本から考えさせられることが、いくつかありましたが、みなさんも、開業にあたり、様々な試練が多くあるかと思います。そのようなときは、この言葉を思い起こしてみてください。きっと新しい活力が生まれてくることと思います。

「自己信頼」:嫉妬は無知であり、模倣は自殺行為に他ならない。人間の中に潜む力はもともと新鮮である。自分に何ができるかを知っている人間は自分以外にいないが、自分でさえ試みるまではわからない。

 

ご質問はお気軽にLINE@で受付中!

 

PAGE TOP